就職につながる・将来役立つ 学生に人気のバイト案内

眼瞼下垂

眼瞼下垂の改善

皆さんは眼瞼下垂という言葉をご存知でしょうか。眼瞼下垂とは上まぶたが目に覆い被さっている状態のことを言います。まぶたを持ち上げるために働く筋肉を眼瞼挙筋と言いますが、その筋肉を動かすのは動眼神経という神経です。この筋肉または神経の異常で眼瞼下垂が起こることもあります。

眼瞼下垂はコンタクトレンズを長時間使用している人、パソコンなどで長時間、目を酷使する人、逆さまつ毛のある人、花粉症やアトピーなどのアレルギーがあり、目をよくこする人、白内障の手術を経験した人などもなりやすいので注意しましょう。また、加齢によってまぶたがたるみ、歳を重ねるにつれで眼瞼下垂になる場合もあります。

眼瞼下垂は見た目の印象も暗くなりがちですが、見た目だけでなく、健康面においても様々な障害が出てきます。まぶたが覆いか被さっていることで上下の視野が狭くなり、目が疲れることで肩こりや頭痛の原因になったりもします。

眼瞼下垂の手術の方法

メスを使用して切開する方法もあります。この場合、それぞれのケースにもよりますが、強い腫れは2週間ほど続くでしょう。中にはメスを使用せず、糸の縫い合わせのみの手術を行うところもあるようです。縫い合わせだけの場合は、術後の腫れもほとんどないのが特徴です。

眼瞼下垂の手術が向いているタイプ

・よく眠たそうな目と言われる人
・目つきが悪いとよく言われる人
・ぱっちりとした二重瞼になりたい人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加