就職につながる・将来役立つ 学生に人気のバイト案内

目尻切開法

目尻切開法は目尻にメスを入れて目の横幅を広げることで、より切れ長の目を作る手術です。目が中央に寄って見える人は目尻切開手術によって目尻を長くすれば、バランスがよくなり、目も大きくすることができます。また、この目尻切開法は垂れ目で悩んでいる方にも効果的な手法です。また、目の幅が小さく、目尻からこめかみまでの距離が長いと自然と顔が大きく見えてしまいます。しかし、目尻切開法で目尻を広げて切れ長の目にすることで、こめかみまでの距離も縮まり小顔に見せる効果もあります。

目尻切開法の手術が向いているタイプ

・切れ長の目になりたい人
・目が中央に寄って見えてしまう人
・目を大きくしたい人
・半永久的に大きい目にしたい人
・垂れ目で悩んでいる人
・つり目で悩んでいる人

手術の方法

最初にカウンセリングで目の悩みを聞き、どのような目にしたいのかを決めます。目の横の幅を広げたい人で目の外側を大きくした方がよい人は目尻切開法で手術をします。カウンセリングで目尻をどのようなラインにしたいかも決めます。目尻を数ミリカットして糸で縫います。手術時間も短くてすみ、およそ15分くらいで修了します。糸は1週間後を目途に抜糸します。また、腫れも1週間ほどすると落ち着いてきます。手術当日は顔を濡らさなければシャワーを浴びることもできます。また、メイクは抜糸後にできるようになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加