就職につながる・将来役立つ 学生に人気のバイト案内

目頭切開法

皆さん、蒙古ヒダをご存知でしょうか。蒙古ヒダとは目頭まぶたが覆いかぶさっているタイプのまぶたのことで、東洋人の目は蒙古ヒダの人が多いようです。

この蒙古ヒダだと、人によってはヒダが覆いかぶさっていることで、目が本来よりも小さく見えたり、目が離れて見えてしまうこともあるようです。そんなお悩みを持つ人にぴったりなのが目頭切開法です。目頭を切開して二重のラインを作り出すことで、目の間隔も整い、横幅の大きいくっきりとした二重の目を作り出すことが可能です。

ところで皆さん、美しい目の比率はご存知でしょうか?右目と目の間と左の目の間隔が1対1対1が美しく見える比率だと言われています。もし、蒙古ヒダによって目が離れて見える人には、目頭切開法で目頭の間隔を調節して、美しい比率の目にすることができます。

目頭切開法の手術が向いているタイプ

・目と目が離れて見える人
・蒙古ヒダで目が小さく見える人
・切れ長の目に憧れている人
・目をぱっちりとした二重まぶたにしたい人
・半永久的に二重瞼にしたい人

目頭切開法は2種類

目頭切開の手術法はW形成法とZ形成法目頭切開術があって、まぶたの状態となりたい二重のラインに応じて、どちらの切開法にするか決定します。術後の腫れは部分的な切開なので、通常1週間ほどで腫れが引いていきます。顔に水をかけなければ、手術当日からシャワーを浴びることもできます。

近頃良く聞くワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加