就職につながる・将来役立つ 学生に人気のバイト案内

部分切開法

希望通りの二重のラインが実現できるのは全切開法なのですが、切開する部分が広いので、腫れがおさまるのに時間がかかるのが難点です。しかし、比較的手術も容易な埋没法だと糸が切れてしまい、二重のラインも長持ちしないという人もいるかと思います。そんな2つの手術の中間になるのが、部分切開法です。

二重まぶたでも様々なラインがありますが、今、若い女性の間でなりたい目として人気があるのが、外国人のような目頭から目尻まで二重のラインの幅が広い平行タイプの二重まぶたのラインです。ですから、目尻にかけては二重だけど、目頭は幅が狭くなっているような末広タイプのまぶたの人はこの部分切開で目頭を数ミリ〜1、2センチ切開して、憧れの平行タイプの二重まぶたにすることもできます。

部分切開法の手術が向いているタイプ

・まぶたが分厚く腫れぼったく見える人
・くっきり二重まぶたに憧れるけど、全切開まではしたくない
・埋没法をやってみたけど、元に戻ってしまった
・仕事や学校の関係で術後の腫れが長引くと困る
・半永久的に二重まぶたのラインを手に入れたい

部分切開法のメリット

なんと言っても、術後の腫れが少なくてすむことです。切開する広さや個人差はありますが、1週間ほどすれば腫れが落ち着いてきます。そして、埋没法だと上まぶたに脂肪が多い人だと取れてしまう可能性も高いのですが、部分切開法であれば、一度手術をしたら半永久的に二重のラインをキープできるのも特徴です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加